ブログ

夕映えの君

農園の主、クスノキ。彼にも春が来ていました。

艶のあるオレンジ色の若芽を吹いて、気持ち良さそうに伸びています。夕方になると、日没までのほんの短い時間ですが、西の山際から低く入ってくる赤味を帯びた光に照らされて、とても美しく輝きだします。これから初夏にかけて、このオレンジ色が若い緑色に変わって、肉厚でたくましい鎧のようにさらに固く締まります。その変わっていく様も季節を感じられる僕たちの楽しみの一つです。

コメントを残す