トピックス

花摘み会2021 すべて終了しました。

花摘み会』はスイートピーの通常出荷が終わった後に、畑をお客様に解放してお花摘みを楽しんでいただく当園のFacebook及びlnstagramのフォロワー様限定のイベントです。今年はすべて終了しました。ありがとうございました。開催中の様子はInstagram @flowerfarmtakao #花摘み会 #花摘み会2021 で配信中です。

無農薬への挑戦

自然に寄り添う農業への転換

ファームたかおでは、農薬を一切使わない栽培法を模索中です。

 

日本の施設園芸では、多くの農家が毎年同じ場所に同じ作物を栽培しています。狭い農地で有利に経営するには、やむを得ない事なのですが、これを続けることで、徐々にその作物が育ち難い環境に変わってしまう連作障害という現象が起きるのです。それを克服するために、毎年土を消毒してリセットすることが必要です。

 

当園では、三年前にこのための土壌殺菌剤を廃止し、太陽熱と微生物を利用して土をリセットする方法に切り替えました。その後の二年間は病害菌の猛反撃に悩まされながらも、三年目にはどうにか元の収穫量に戻すことに成功したのです。

 

そして四年目の今年は殺虫剤も廃止して、自然由来のものだけを利用して害虫を排除する栽培方法を模索中です。

 

Challenge of no chemical cultivation 

We attempt to cultivate without any chemicals. In many cases of Japanese protected horticulture, the products are grown in the same greenhouses every year. It is unavoidable way for the Japanese farmers who are running small farms advantageously. However these repeated cultivation gradually damage the grown plants, called “replant failure”. It is necessary to reset the soils sterilised with chemicals every year, in order to control such situations. First of all, we had stopped applying chemical sterilisers into the soils, and started to reset the soils with solar heat and many kinds of microbes three years ago. We were annoyed by the counter-attack from harmful fungi for two years from then, and finally could get over them in the next third year. Besides, we are trying new methods which can avoid harmful insects using only the natural substances in this forth year.

全てのお客様へ

オープンな農園を目指して

 

ファームたかおには様々な方々が訪れてくださいます。私たちは、市場や仲卸業者、小売店やフローリスト、あるいは資材業者、スタッフなど、当園に関わってくださる全ての方々にメリットを得て頂きたいと考えています。そういった方々と共存共栄していくことは当園の経営理念の一つです。ファームたかおはオープンな農園を目指します。

 

To All Customers 

Various visitors come to FARM TAKAO. We hope those who are concerned with our farm e.g. markets and dealers, shops and florists, makers selling agricultural stuff, or also our staff can get the individual profits. We also hope to go ahead with them to prosper together, and this is one of our principles. We aim at an inclusive farm.

私たちの想い

環境先進国に学ぶ

以前フランス人で日本をよく知る方が、

「日本の農産物は同じ形でキレイでキズも無いけれど、それがかえって気味悪い」

とおっしゃるのを聞いて衝撃を受けました。たしかにフランスのお店に並んだものは、日本の様な整然さはありません。

 

日本人はあまり知らないのですが、実をいうと日本は農地の単位面積あたりで世界一農薬を使っている国です。どうやら西欧の環境先進国では、形が揃っていて虫食いもキズもないのは、人工的に薬品や冷暖房を使って無理矢理自然に大きな負荷をかけて生産されていると感じて敬遠されるようです。

 

パリ郊外のあるスイートピー農家さんがこんなことをおっしゃっていました。

「以前は日本のように真っ直ぐ均一なものを作っていたけど、今はしていない。それより自然の姿に需要があるから」

 

自然に寄り添う農業とはどういうものなのか。ファームたかおはいつも考えています。いつか日本の消費者と生産者が西欧の環境先進国の感覚に追い付くことを願いながら…。

 

A Frenchman who knows Japan well told us once.

“The Japanese produce is the same shape, clean and no bruises, but that’s what makes us so weird.”

I was shocked to hear this. It’s sure that the stuff lined up in the shops in France is not as neat and tidy as the Japanese ones.

 

 Actually Japan is the worst country that use the agricultural chemicals per unit area of farmland, and the most Japanese people don’t know about this. People who live in the environmentally advanced countries of Europe probably don’t like the uniform shape and the lack of worm-eaten holes, because they feel that such food is compulsorily produced by artificial heavy loads on nature, using chemicals and air conditioners.

 

 A sweet pea farmer on the outskirts of Paris said.

“We used to grow straight and uniform produce like in Japan, but we don’t do it at the moment. There is demand for the natural form much more than the previous one. ”

 

What is the agriculture running companionably with nature? Our farm is always thinking about this. We hope that one day Japanese consumers and producers will catch up with the sense of environmentally advanced European countries.