大切なお知らせとごあいさつ

自由への船出

 

このたび所属していた船穂花き部会を脱会し、新たに「ファームたかお」個人農家として独立しました。

 

これまで育てていただいた船穂花き部会、JA晴れの国岡山には感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

 

今年はアルジが農家になって15年目の節目の年です。混沌とした時勢を鑑みればクレイジーな選択なのかもしれません。
現にいろんな人にだいぶクレイジーだと言われています

 

それでも小さなゴムボートをわたしたちらしく乗りこなし、暗礁に気をつけて、荒波は華麗なるパドルさばきで、時に沈しようがすぐさま起き上がる筋力を持って、新たな船出にしていきたいと思っています!

今後は、これまで年月をかけて確立してきた健康な土づくりを軸にして、みなさまの暮らしの中に、たくましくて美しい花と緑を、彼女たちの生きざまとともにお届けしていきます。
※基本は市場、仲卸への出荷予定です

 

花がある生活って心地よい。
そんな日常の一コマの幸せが、ゆっくりとひろまっていきますように。
新しいファームたかおをこれからどうぞよろしくお願いします!

 

Information and greeting

We have left ‘Funao Flower Shipping Union’ in this summer, and have been independent as a private farm named ‘Farm Takao’.
We sincerely thank ‘Funao Flower Shipping Union’ and ‘JA Harenokuni Okayama’ for supporting us until now.

 

This year is the 15th year since Arj became a farmer. Thinking of these chaotic days, you might say that it is a crazy choice.
Even so, we still want to row the little rubber boat out to the unknown sea in our own way to make a new start.

 

From now on, we will continue to deliver beautiful, lively flowers and greenery into the lives of everyone, based on the healthy soil we have improved over the years.
(Basically, we intend to ship our produce to markets and wholesalers.)

 

We are looking forward to seeing you as the new ‘Farm Takao’.

農薬ゼロへの挑戦

自然に寄り添う農業への転換

ファームたかおでは、農薬を一切使わないで栽培しています。

 

日本の施設園芸では、多くの農家が毎年同じ場所に同じ作物を栽培しています。狭い農地で有利に経営するには、やむを得ない事なのですが、これを続けることで、徐々にその作物が育ち難い環境に変わってしまうのです。それを克服するために、毎年土を消毒してリセットすることが必要です。

 

当園では、2017年にこのための土壌消毒を太陽熱と微生物を利用する方法に切り替えました。同時に全ての殺菌剤も廃止して微生物や植物抽出物で病害を抑える方法を試みました。その後の二年間は土壌病原菌からの猛反撃に悩まされながらも、微生物との付き合い方を実践的に学び、三年目にはどうにか元の収穫量に戻すことに成功したのです。

 

そして2020年には全ての殺虫剤も廃止して、自然由来のものだけを利用して害虫を排除する栽培方法を模索中です。

 

Challenge of no chemical cultivation 

We attempt to cultivate without any chemicals. In many cases of Japanese protected horticulture, the products are grown in the same greenhouses every year. It is unavoidable way for the Japanese farmers who are running small farms advantageously. However these repeated cultivation gradually give the damage to the grown plants. It is necessary to reset the soils sterilising with chemicals every year, in order to control such situations. First of all, we had stopped applying chemical sterilisers into the soils, and started to reset the soils with solar heat and many kinds of microbes in 2017. We had also stopped using other sterilisers at the same time. We were annoyed by the counter-attack from harmful fungi for two years from then, and finally could get over them in the next third year. Besides, we are trying new methods which can avoid harmful insects, using only the natural substances since the forth year 2020.

環境先進国に学ぶ

サスティナブルな農業

以前フランス人で日本をよく知る方が、

「日本の農産物は同じ形でキレイでキズも無いけれど、それがかえって気味悪い」

とおっしゃるのを聞いて衝撃を受けました。たしかにフランスのお店に並んだものは、日本の様な整然さはありません。

 

日本人はあまり知らないのですが、実をいうと日本は農地の単位面積あたりで世界一農薬を使っている国です。どうやら西欧の環境先進国では、形が揃っていて虫食いもキズもないのは、人工的に薬品や冷暖房を使って無理矢理自然に大きな負荷をかけて生産されていると感じて敬遠されるようです。

 

パリ郊外のあるスイートピー農家さんがこんなことをおっしゃっていました。

「以前は日本のように真っ直ぐ均一なものを作っていたけど、今はしていない。それより自然の姿に需要があるから」

 

自然に寄り添う農業とはどういうものなのか。ファームたかおはいつも考えています。いつか日本の消費者と生産者が西欧の環境先進国の感覚に追い付くことを願いながら…。

 

Learn from environmental advanced countries  

A Frenchman who knows Japan well told us once.

“The Japanese produce is the same shape, clean and no bruises, but that’s what makes us so weird.”

I was shocked to hear this. It’s sure that the stuff lined up in the shops in France is not as neat and tidy as the Japanese ones.

 Actually Japan is the worst country that use the agricultural chemicals per unit area of farmland, and the most Japanese people don’t know about this. People who live in the environmental advanced countries of Europe probably don’t like the uniform shape and the lack of worm-eaten holes, because they feel that such food is compulsorily produced by artificial heavy loads on nature, using chemicals and air conditioners.

 A sweet pea farmer on the outskirts of Paris said.

“We used to grow straight and uniform produce like in Japan, but we don’t do it at the moment. There is demand for the natural form much more than the previous one. ”

What is the agriculture running companionably with nature? Our farm is always thinking about this. We hope that one day Japanese consumers and producers will catch up with the sense of environmentally advanced European countries.