ブログ

復興の力

先日、応援のつもりで被害のあった地域のスーパーに行ってみました。被害中心部からは外れている場所でしたが、あれから一ヶ月以上が経過し、落ち着きを取り戻しつつあるものの、依然道路脇のあちらこちらに瓦礫が残り、災害の爪痕が刻まれたままの住宅も多く、建設機械が沢山稼働していて、まだまだ時間がかかりそうです。僕(アルジ)が訪れたお店も恐らく一階部分が全て水没し、商品の殆どを廃棄したであろう大きな被害を受けたはずです。しかし、店舗内のすでに8割くらいには商品が並び、内装もすっかり綺麗になっていて、生鮮食料品だけは少し足りなかったのですが、ほぼ復活したと言っていい状態でした。隣のホームセンターもドラッグストアも通常営業に戻っていました。資本にゆとりのある企業の底力を感じました。その一方で苦しい自転車操業の個人店は、営業自体目処が立たない状態のところも多かったです。強者と弱者の差がとても大きいと改めて思い知らされて、帰ってきました。弱者にもっと光が当たることを心から望みます。

コメントを残す