ブログ

コンパニオンプランツなのだ

土壌微生物相の改善のために植えたマリーゴールドが花を付けました。収穫を目的にしているのではなく、あくまで栽培補助としてなんです。

こうして当園では自然の力を利用して病害を予防して、化学的な薬剤を減らす努力をしています。

もちろんこれはお客様のためですが、それだけでなく何より農家自身が農薬から離れる必要を感じているんです。手間暇がかかっても、やるべき事だと認識しています。

この花は農作業中の癒し効果もあるんですよね。

コメントを残す